インターネット アイドル事典

往年のアイドルからヤングアイドルまで、各アイドルの経歴と、そのアイドルのCDやDVD、公式ブログなどを、ご紹介しております。

サイトトップ > 武井咲

武井咲

映画「るろうに剣心」シリーズなどで若手人気女優として快進撃を続ける武井咲(えみ)ですが、芸能界入りのきっかけは、2006年に開催された第11回全日本美少女コンテストのモデル部門賞とマルティメディア賞をダブル受賞したことでした。

全日本美少女コンテストといえば、藤谷美紀、細川直美、米倉涼子、上戸彩など、日本を代表するアイドルや女優を輩出していますが、第11回のグランプリは林丹丹で、審査員特別賞に忽那汐里が選ばれていますね。

この回の受賞者の中では武井咲が出世頭ですね。

彼女はセブンティーンでモデルデビューし、2008年には桐谷美玲や佐藤ありさとともに猫目三姉妹として売り出されています。

女優としては2008年8月からフジテレビ系で放映された「オトメン(乙男)〜夏〜」にドラマ初出演し、2011年1月には「大切なことはすべて君が教えてくれた」の佐伯ひかり役でフジテレビの月9にも初登場しています。

映画デビューも2008年11月で、「櫻の園」に水田真紀役で出演しています。

2010年には写真集「風の中の少女」、2011年12月には「恋スルキモチ」で歌手デビューも果たしています。

2011年には「大切なことはすべて君が教えてくれた」でザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を、2013年には「るろうに剣心」などで日本アカデミー賞新人俳優賞、「今日、恋をはじめます」で日本映画批評家大賞 新人女優賞などを受賞しています。

特に「るろうに剣心」シリーズの激しい立ち回りは高く評価され、ジャパンアクションアワード2015 ベストアクション女優賞にも輝いています。

モデル出身の美女ということもあって、資生堂、ロッテ、ソフトバンクモバイル、任天堂、日清食品、第1生命、ハウス食品、キリン、エスエス製薬など多数のCMにも出演しています。

武井咲は「Wの悲劇」、「東京全力少女」、「戦力外捜査官」、「ゼロの真実〜観察医・松本真央〜」、「すべてがFになる」、「エイジハラスメント」など数多くのテレビドラマに主演しているほか、NHKの大河ドラマの「平清盛」の常盤御前やライアーゲーム シーズン2の佐伯ヒロカ、「海の上の診療所」の戸神眞子、「フラジャイル」の宮崎智尋など幅広い役柄を好演しています。

プライベートでは名古屋出身ということもあって大の中日ドラゴンズファンで、上京時にテレビで見た東方神起に癒されたことから韓国のBIGBANGやチャン・グンソクのファンだそうです。

アクションも、しっかりしたお芝居もどちらもできる美人女優さんは日本では稀ですから、これからも武井咲は映画にドラマにと大活躍を続けてくれることでしょう!

武井咲の年賦


  • 2006年 第11回全日本美少女コンテストのモデル部門賞とマルティメディア賞をダブル受賞。セブンティーンでモデルデビュー。
  • 2008年 ドラマと映画で女優デビュー
  • 2010年 写真集「風の中の少女」発刊
  • 2011年 「大切なことはすべて君が教えてくれた」で月9発出演。「恋スルキモチ」で歌手デビュー
  • 2012年 山路ふみ子映画賞 新人女優賞受賞
  • 2013年 日本アカデミー賞新人俳優賞、日本映画批評家大賞 新人女優賞などを受賞
  • 2015年 ジャパンアクションアワード2015 ベストアクション女優賞 受賞





2010年代女性アイドル一覧