武井咲が松本清張 黒革の手帖に挑戦

黒革の手帖

2017年7月クールで武井咲が松本清張原作の「黒革の手帖」に挑戦することが決まりました。

テレビ朝日系列で7月20日スタートの木曜ドラマ枠(21:00-21:54)で24局ネットです。

「黒革の手帖」は松本清張の代表作のひとつで、1982年の1月からテレビ朝日系列で6話シリーズでドラマ化されています。

そのときの主人公 原口元子を演じたのは山本陽子、安島富夫を田村正和が、山田波子を萬田久子が演じています。

1984年の1月にはTBS系列でもドラマ化され、そのときのキャストは大谷直子(原口元子)、宮下順子(中岡市子)、潮哲也(安島富夫)、奈良富士子(山田波子)でした。

さらに1996年にはテレビ朝日系列の2時間ドラマとしても放映されています。そのときの主演は2時間ドラマの女王 浅野ゆう子で、平幹二朗、美木良介、田中美奈子などが出演しています。

さらにさらに2004年の10月には今回と同じ木曜ドラマ枠で米倉涼子主演で、釈由美子、吉岡美穂、仲村トオルなどとともに、初回で主演を努めた山本陽子が岩村叡子役で出演しています。

この回は第22回ATP賞最優秀賞(ドラマ部門)を受賞しています。

2005年にも米倉涼子主演で「黒革の手帖スペシャル〜白い闇」が2時間ドラマとして放映されていますが、これは松本清張の短編小説の「白い闇」という作品を黒革の手帖風に脚色されたものです。

そのほか2006年10月には米倉涼子主演で舞台版が明治座で上演されています。

これだけドラマ化されている作品をあえて武井咲主演で同じ木曜ドラマ枠で放映するというのは、ある意味凄いことですね。

武井咲を山本陽子や米倉涼子なみに評価しているということなのでしょう。

お話はご存知のように銀行に勤めるOLが1億2000万円を横領し、銀行の弱みと引き換えに不問に付させて、そのお金で銀座にクラブ「カルネ」を開きます。

そこからさらに…というストリーなのですが、美人だけど少しやんちゃな感じのある武井咲には適役かもしれませんね。

 

関連記事

ページ上部へ戻る