東京全力少女 人物相関図

東京全力少女
東京全力少女 人物相関図

東京全力少女 人物相関図

東京全力少女は2012年秋に日本テレビ系列で放映された連続ドラマですね。

内容はともかく、「東京全力少女」という題名通り、武井咲が父親のために、家族のために、そして友人のために全力で問題に立ち向かっていく、「元気いっぱい前向き」なドラマです。

東日本大震災以降の沈滞した日本のムードを武井咲の明るさで吹き飛ばしてしまおう、そんな意図が感じられる作品になっています。

お話は武井咲が演じる佐伯麗(うらら)が香川の琴平から父親を探しに1人で上京したものの、バッグに入れていた全財産を盗まれてしまう、というところから始まります。

下北沢のフリーマーケットで出会った芹沢華子(比嘉愛未)からあやしい男を紹介されるのですが、彼こそ麗の実の父親で社会派の弁護士の鈴木卓也(渡部篤郎)でした。

彼は母親と離婚し、麗は母親に引き取られていたのでした。

しかし、父の卓也のまわりには、3人もの怪しい女性達がいます。

そこで麗は父のマンションに同居して、その3人の女性達の秘密を暴き、父の目を覚まそうと画策します。

3人とは卓也を紹介したモデルの芹沢華子、卓也のお金が目当てのホステスのはるか(森カンナ)、若い男と二股をかけている?スポーツクラブのインストラクターの冬(市川由衣)の3人。

麗は父の弁護士事務所に乗り込んだり、上京する深夜バスで知り合ったフリーターの玉川大輔(三浦翔平)にスポーツクラブに潜入することを命じたりと、かなり脱線気味。

この玉川君、麗に好意を持っていたはずが、行く先々の美女に恋してしまって、そして撃沈するという軽ーい役。

そして麗は、はるかママを見張るためにクラブ「シャコンヌ」へ潜入します。

麗は父親の女性関係を整理して、少なくとも本命1人にしたいのですが、実は麗の勘違いや思い込みが、話をどんどん複雑にしていきます。

そんなこんなしていると、母親の佐伯さゆり(堀内敬子)が上京してきて、3人が元のさやに戻るかとみえて、やっぱり琴平に帰ってしまう。

麗はというと、1回琴平にもどるのですが、父のことが心配で再度上京します。

そして、クリスマスの日に玉川の実家のシェアハウスに父と母を呼び出し、親子3人で暮らす道を考える麗たち親子でした。

その他のキャストとしては父の弁護士事務所の助手の桜井弘一(塚本高史)、その娘のひとみ(酒井彩音)、玉川大輔の父親の玉川重輔(温水陽一)、妹の玉川美香(志村玲那)、シェアハウスの住人のヘンリー(渡辺那斗)、山本ゆかり(渋谷飛鳥)、ジョアンナ(ローランス由美)など多彩な面々が揃いました。

元気いっぱいの武井咲の演技に、三浦翔平のとぼけた味、それに渡部篤郎の娘を気にかけながらもガールフレンドとの逢瀬も楽しみたい揺れる心があいまって、はちゃめちゃなストーリーをしっかり包んでいきます。

東京全力少女はリアルでの視聴率はいまいちでしたが、武井咲の出世作といってもいい作品で、まだご覧になっていない方は、是非、ご覧いただければと思います。

元気がもらえますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る