インターネット アイドル事典

往年のアイドルからヤングアイドルまで、各アイドルの経歴と、そのアイドルのCDやDVD、公式ブログなどを、ご紹介しております。

サイトトップ > 倖田來未

倖田來未

倖田來未(こうだくみ)は、本名 神田 來未子(こうだ くみこ)で京都精華女子高を卒業されて います。

高校在学中から芸能界入りをめざして各種オーディションを受けて、結局、エイベックスから2000 年に歌手デビューしました。

最初、倖田來未はKODAとしてアメリカで2枚のシングルを先行発売し、ビルボードのダンスポップ セールスチャートで初登場1位を記録しました。

しかし、日本ではダンスポップというジャンルがまだ認知されていなかったこともあって、2,3年 は大きなヒットには恵まれませんでした。

倖田來未が注目され始めるのは、彼女の曲がゲームソフトの「ファイナルファンタジーX-2」テー マ曲に採用されてからですね。 また、友情出演した映画「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」は大きな注目を 集めました。 この「キューティーハニー」は今でもよく若い女の子がカラオケで歌っていますよね。

このころから、肌の露出が多い、バニーガールなどのコスプレの衣装で歌うようになります。 このような「露出戦略」が倖田來未の音楽性やダンスポップな曲想とあいまって、大きなヒットに なっていきます。

このころから倖田來未は、「エロかわいい」とか「エロかっこいい」といった独自の評価を獲得し ていきます。

2005年にはレコード大賞、2006年には日本有線大賞を受賞し、2008年にはプロ野球のオールスター ゲームで君が代を独唱するなど、倖田來未はようやく国民的アイドル歌手の仲間入りを果たしまし た。

2008年にはラジオ番組の「オールナイトニッポン」での失言により、一時、自宅謹慎になったりし ましたが、彼女のバイタリティーは衰えることを知らず、2010年3月までにすでに46枚のシングル と8枚のオリジナルアルバム、5枚のベストアルバムを発表しています。

また、太りやすい彼女はダイエットに関する発言も多く、太り気味の女性のあこがれの的でもあり ます。

倖田來未がいつまで「エロかわいい」路線で行くのかはわかりませんが、彼女の歌に対する情熱は 、ずっと続いて、これからも素敵なダンスミュージックを発表してくれることでしょう。

倖田來未の年譜

  • 2000年 「avex dream 2000」で準グランプリを受賞。1stシングル「TAKE BACK」は全米ビルボードダンスポップセールスチャートで18位を獲得
  • 2003年 7thシングル「real Emotion/1000の言葉」が「ファイナルファンタジーX-2」のテーマ曲となり23万枚の売り上げ
  • 2004年 4thアルバム「secret」が50万枚の売り上げ
  • 2005年 「BEST〜first things〜」がミリオンセラー。「Butterfly」で日本レコード大賞を受賞、紅白歌合戦に初出場
  • 2006年 女性初のオリコンチャート同時3曲トップテン入り。「夢のうた」で日本有線大賞、日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞。
  • 2007年 日本ゴールドディスク大賞 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー、ベストヒット歌謡祭・ポップスグランプリ、日本レコード大賞金賞を受賞
  • 2008年 失言により一時、自宅謹慎。プロ野球のオールスターゲームで君が代を独唱。
  • 2009年 実妹のmisonoとのコラボで「It's all Love! 」を発売、兄弟ユニットとして初のオリコン初登場1位。

2000年代女性アイドル一覧