七人の秘書 人物相関図

 
七人の秘書
七人の秘書 人物相関図

七人の秘書 人物相関図

七人の秘書は2020年10月22日からテレビ朝日系列で放映された中園ミホ書下ろしの連続ドラマです。

中園ミホは、やまとなでしこ、スタアの恋、ハケンの品格、Doctor-X 外科医・大門未知子、花子とアン、Dr.倫太郎、西郷どんなど数々の作品の脚本を手がけていますね。

七人の秘書は、わけアリの7人の秘書(元秘書を含む)が依頼を受けて事件を調査し、悪をくじくという、勧善懲悪の刑事ドラマになっています。

主演は東都銀行常務秘書の望月千代を演じる木村文乃です。

そして千代の兄がやっていたラーメン屋の店主で元政治家秘書の萬敬太郎(江口洋介)がこのチームのリーダー格になっています。

他の5人は、警視庁警務部長秘書の長谷不二子(奈々緒)、東京都知事秘書の風間美和(大島優子)、東都銀行頭取秘書の照井七菜(広瀬アリス)、慶西大学病院長秘書の朴四朗(シム・ウンギョン)、家政婦で政治家の元施設秘書の鰐淵五月(室井滋)です。

基本的には1話完結ですが、縦軸として自殺未遂をして行方不明になっている千代の兄の望月一男(マキタスポーツ)の行方や、萬と彼が仕えていた現財務大臣の粟田口(岸部一徳)との確執が物語の底流に繰り返し現れます。

このあたりの仕掛けはさすが中園ミホ脚本だけのことはあります。

物語は美和が東都銀行頭取の一原(橋爪功)とホテルにいるときに一原が急死したところから始まります。

一原の死体をホテルから運び出したのが7人の秘書のチームでした。

美和が七人の秘書のメンバーに組み入れられていく中で、秘書たちの秘密が少しずつ明らかになっていって、悪をこらしめていくというストーリーになっています。

他の主要キャストとしては、新頭取の霧島(小林隆)、東京都知事の南勝子(萬田久子)、フリーライターの黒木(坂口拓)、銀座のClub白蝶の小百合ママ(芦川よしみ)が物語りの中で重要な役回りを演じていきます。

テレビ朝日の刑事ドラマに飽き飽きしている人にも、単なる刑事ものの範疇を越えたこの7人の秘書は見るに値するドラマだと思います。

また、フィットネスジム?での水泳シーンが各話でサービスシーンとして提供されており、時に奈々緒のすばらしいスタイルの水着姿は一見に値するでしょう。

ちなみに、2020年平均視聴率ランキングでは堂々の5位に輝いています。

 

関連記事

ピックアップ記事

グッドワイフ

グッドワイフ 人物相関図

カテゴリー

ページ上部へ戻る