コードブルー3 人物相関図

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3
コードブルー3人物相関図

コードブルー3人物相関図

コードブルーがフジテレビ 月9の救世主として帰ってきました!

2017年夏ドラマの視聴率ランキングで初回16.3%で遺留捜査に3ポイント差でトップ発進です。

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の第1シリーズが開始されたのが、2008年7月3日。

セカンドシーズンは2010年の冬シーズンでしたね。

そして、医師や看護師としてのキャリアも10年を超え、かつてはフェローであった5人が一人前の医師・看護師として救急救命の最前線で活躍する姿を描くのが今回の第3シーズンです。

舞台も同じ翔陽大学附属北部病院の救命救急センター。

当時フェローだった藍沢耕作(山下智久)はその後、翔陽大学附属北部病院の脳外科医となっていました。

トロント大学からレジデントの受け入れの話がある中で、レジデント選考に有利と考えて、藍沢は神経系の症例を増やすべく、救命センターにフライトドクターとして帰ってきました。

白石恵(新垣結衣)はずっと翔北救命救急センターに勤務し、今やチームリーダーになっています。

今度は自分がフェローたちを育てる立場となった白石は悩みながらも昔の仲間たちと必死に頑張っています!

緋山美帆子(戸田恵梨香)は救命救急センターを離れて産婦人科医として周産期医療に携わっていましたが、恩師の三井環奈(りょう)に頼まれて人手不足の救命救急センターに戻ってきました。

というか、彼女は自分が住むマンションの上の階の火事に会いながらも、すすにまみれた普段着で救急車から降りてきて、すぐに仕事に取り掛かります。

冴島はるか(比嘉愛未)はフライトナースとして今も頑張っていますし、藤川一男(浅利陽介)も救命救急センターの救命医で、整形外科が専門になります。

この二人は付き合っている?

フライトドクター候補生の名取(有岡大貴)、灰谷(成田凌)、横峯(新木優子)はまだまだ使えないですが、現場で白石や緋山たちに鍛えられていきます。

他の配役としては、救命救急部長で三井のパートナーの橘啓輔(椎名桔平)、新人ナースの雪村(馬場ふみか)、ドクターヘリのパイロットの梶(寺島進)、コミュニケーションスペシャリストの町田(伊藤ゆみ)など、そうそうたるメンバーです。

それにしても、すごいキャスティングですね。

逃げ恥の新垣、映画「近キョリ恋愛」の山下、LIAR GAMEの戸田、NHK朝ドラのヒロインの比嘉、テレビドラマや映画に出まくっている浅利の5人のスケジュールを良く合わせることができましたね!

そして新人フェローもHey! Say! JUMPの有岡、「ふれなばおちん」の成田、雑誌「non-no」の専属モデルの新木と、これからどんどん主役を演じていくであろう超人気の若手俳優さんたちです。

お話もテンポがあって、やはりコードブルーはおもしろい!!

 

関連記事

ページ上部へ戻る