真田丸 豊臣家 人物相関図

 
真田丸

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」も1/3をすぎて堺 雅人が演じる真田信繁(幸村)は、人質先の上杉景勝や直江兼続とともに大坂へ行き、豊臣秀吉(小日向文世)に謁見します。

秀吉に気に入られた信繁は秀吉の馬回り衆に取り立てられます。馬回り衆というのは護衛と秘書を兼ねるような役割で、そこで信繁は石田三成(山本耕史)やその親友の大谷吉継(片岡愛之助)、加藤清正(新井浩文)、福島正則(深水元基)、片桐且元(小林隆)、平野長泰(近藤芳正)などと知り合うことになります。

また、秀吉の弟の秀長(千葉哲也)や正室のねね(鈴木京香)、のちに側室になる茶々(淀君)(竹内結子)、秀吉のおいの秀次(新納慎也)などの豊臣家の人たちとも関わっていくことになります。

そんななか、信繁の父の真田昌幸(草刈正雄)が秀吉の上洛要請に従わず、秀吉は上杉景勝に徳川家康が真田を攻めても、真田を助けるなと命じます。

秀吉の密命を受けた片桐且元が徳川家康の元へ。風雲急を告げる真田家の運命やいかに? 

さらに、物語は堺の町を完全に豊臣家の支配化におきたい石田三成や大谷吉継と、秀吉の支援を受けて堺の自治を守りたい千利休(桂文桂)との対立を縦軸に、秀吉をめぐるねねと茶々の三角関係を横軸に展開していきます。

その他のキャストとしては、秀吉の母なか(山田昌)、秀吉の妹の旭(清水ミチコ)、茶々の乳母 大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)(峯村リエ)、秀吉お気に入りの芸妓の吉野太夫(中島亜梨沙)、三成の正室うた(吉本菜穂子)、出雲阿国(シルビア・グラブ)など女優陣も磐石の態勢ですね。

のちに信繁の側室になるきり(長澤まさみ)も大坂城へやってきて、ほぼ毎回、信繁にからんできますし、死んだと思われていた信繁の姉の松(木村佳乃)もドラマに復帰します。

波乱万丈のNHK大河ドラマ「真田丸」大坂編をお楽しみください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大河ドラマ 真田丸 完全版 DVD全4巻セット
価格:60372円(税込、送料無料) (2019/3/17時点)

 

関連記事

ページ上部へ戻る