黒革の手帖 人物相関図

黒革の手帖
黒革の手帖 人物相関図

黒革の手帖 人物相関図

松本清張の代表的な名作で、ドラマや映画などで何回も取り上げられてきた「黒革の手帖」が武井咲主演で帰ってきました。

2017年夏クールのテレビ朝日系列、木曜夜9時台で放映中です。

原口元子(武井咲)は派遣社員で東林銀行で働いていましたが、正写真と違って昇進も昇給もない待遇に不満を持っていました。

実は元子の父がギャンブルに手を出して多額の借金を残して死んでしまい、元子の母親が女手ひとつで元子を育てながら借金を返済していたのでした。

その母親も死に、元子は夜は銀座のクラブでも働きながら、残された借金を少しずつ返済し、ようやく完済できたところから物語は始まります。

そして元子は、銀行が税金逃れのための仮名口座を開設していることを知り、その仮名口座の情報を黒革の手帖に書き留めていました。

コネ入社のいい加減な女子社員の代わりに責任を取らされて派遣切りの憂き目に会った元子は、仮名口座から1億8000万円もの大金を自分の口座に送金します。

それを知った村井次長(滝藤賢一)たちは正社員への採用を条件に元子に返金を迫りますが、元子は仮名口座を公にしたくない村井たちを脅して、1億8000万円の返済を求めないという念書を書かせます。

元子は1億8000万を元手に、銀座のクラブ「カルネ」のママに収まります。

そして、仮名口座に名前のあった美容クリニックの楢林院長(奥田瑛二)や予備校の橋田理事長(高嶋政伸)をカルネの客として接待します。

しかし、経営はうまくいかず、同じ銀行の派遣仲間だった山田波子(仲里依紗)をカルネのホステスにスカウトします。

ところが、この波子は他のホステスの客を奪うなど、とんだ問題児でした。

それどころか、楢林院長に近づいてマンションを買ってもらうだけでなく、なんとカルネの2階上のフロアーにクラブを買ってもらって、自分はそこのママに収まるつもりです。

元子はそんな波子を許すはずもなく、楢林院長の愛人で看護師長の中岡市子(高畑淳子)を使って楢林の弱みを握り、波子のクラブ計画をつぶしてしまいます。

ここまでが、今回の第2話までのストーリーですね。

そうそう、元子は衆議院議員秘書の安富富夫(江口洋介)と共感しあう仲?のようです。

その安富の後援者が政財界のフィクサーと呼ばれている長谷川(伊東四朗)で、衆議院議員が死ぬと長谷川は安富に選挙に出るように勧めます。

それ以外の主な配役は、元子が最初にホステスをしていたクラブ「燭台」の岩村ママ役が真矢ミキ、美容師で銀座の情報通の牧野役に和田正人などとなっています。

鮮やかな手口で派遣社員から銀座のママに成り上がった元子ですが、果たして銀座のママとしてやっていけるのでしょうか!?

 

関連記事

ページ上部へ戻る