おんな城主 直虎 人物相関図

おんな城主 直虎 井伊家 人物相関図

2017年のNHK大河ドラマ「おんあ城主 直虎」は、いいなずけに先立たれながらも波乱万丈の戦国時代を生き抜き、徳川幕府のNo.2にまで上り詰めた井伊直政の後見人として井伊谷(いいのや)を守り抜いた井伊家の女当主 井伊直虎(幼名 おとわ)の物語です。

おんな城主 直虎 人物相関図1

おんな城主 直虎 人物相関図1

幼少時代のおとわを演じている新井美羽ちゃんは「オーディションでピカイチだった」とプロデューサーが言うほどの逸材で、明るくて、溌剌としていて、愛らしくて、それでいて自然な演技は抜群ですね。

既にガリレオやリーガルハイ、医龍4、HERO、マネーの天使、家政夫のミタゾノなど連ドラの常連としてひっぱりだこになっています。

大河ドラマの子役で4話まで出演するのも異例ですね。

その新井美羽の後を受けて次郎法師(のちの井伊直虎)を演じるのが柴咲コウさん。

そして、おとわの幼馴染でいいなずけの井伊直親(幼名 亀之丞)を演じるのがイケメン俳優の三浦春馬君です。

おとわの父親の井伊直盛(杉本哲太)が井伊家の当主で、おとわは千賀(財前直見)との間に生まれた1人娘になります。

井伊直盛の父親の井伊直平(前田吟)は隠居の身ですが、川名の城主として、子や孫が次々に命を落としていく中で、井伊家を守っていきます。

おんな城主 直虎 人物相関図2

おんな城主 直虎 人物相関図2

井伊家の筆頭家老で今川氏の目付けでもある小野政直(吹越満)の嫡男が小野政次(幼名 鶴丸)(高橋一生)で、おとわ、亀之丞、鶴丸は子供時代の仲良し3人組だったのですが….

ドラマは小野政直の讒言によって亀之丞の父親である井伊直満(宇梶剛士)が今川に討たれ、難を逃れるために亀之丞は出奔し、井伊家を守るために、おとわは出家して次郎法師になります。

出家した寺が龍潭寺で、そこの住職が直平の息子の南渓和尚(小林薫)で次郎法師の師匠になります。

そのほか龍潭寺の僧でおとわを影で見守る傑山(市原隼人)、よき兄弟子である昊天(こうてん)(小松和重)、井伊家の重臣の中野直由(筧 利夫)、奥山朝利(でんでん)など多彩な面々がドラマを盛り上げていきます。

というより、ドラマの前半は、おとわのまわりであまりにも多くの人が死んでいくので、目まぐるしいというか、一話も見逃せない感じですね。

おんな城主 直虎 人物相関図3

おんな城主 直虎 人物相関図3

井伊谷をおさめる井伊家は今川家の家臣という立場ですが、海道一の弓取りと言われた今川義元(春風亭昇太)からの圧力は日に日に強まるばかりです。

直平の娘で南渓和尚の妹である佐名は無理やり今川家の家臣に嫁がされ、娘の瀬名(のちの築山殿)(菜々緒)を生みます。

じつは、おとわが出家するかわりに井伊家の存続を願い出に今川館に行ったときに、瀬名と出会い、友人となります。

じつは、この築山殿も….

凄惨な戦国時代のなかでも、まれに見る辛酸をなめつくした井伊直虎。

実話としては日曜の夜には少し厳しすぎる内容なのですが、新井美羽ちゃんをはじめ、平成を代表する名優たちとスタッフの力で、強くたくましく行きぬく「おとわ」の生涯が描かれている良い作品だと思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る