CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 人物相関図

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 人物相関図

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 人物相関図

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は2017年春クールで最も注目されている連続ドラマのひとつですね。

関西テレビの製作でフジテレビ系列で火曜夜9時に放映されています。

原作は直木賞作家の金城一紀で、公安の特捜班という架空?のセクションを舞台にしたアクションものです。

主演は小栗旬(稲見朗 役)と西島秀俊(田丸三郎 役)で二人は公安の機動捜査隊の特捜班の捜査員です。

この二人の豪快なアクションがこのドラマの一番の「売り」であることは間違いありません。

ちなみに彼らがこのドラマの中で使っているのがカリ・シラットという武術だそうです。

初回の冒頭でも二人は文部科学大臣の暗殺を企てた新興教団相手に新幹線の中で大立ち回りをします。

そして、最後には小栗旬が新幹線から犯人と爆弾もろとも川に飛び込んでましたよね!

この特捜班の班長が田中哲司(吉永三成 役)で、他の捜査員には爆弾処理もできる樫井勇輔(野間口徹)とハッキングのプロの大山玲(新木優子)がいます。

特捜班の上司に当たるのが公安の総務課長の青沼佑光(飯田基佑)で、その上司が警察庁の警備局長の鍛冶大輝(長塚京三)。

新興教団の神の光教団に出家として潜入している捜査官 林智史(眞島秀和)、その妻 林千種(石田ゆり子)というようなキャストになっています。

ストーリーは基本的に1話完結なので、第1話を見逃した方も、第2話からでも楽しめる内容です。

もう少しネタバレしておくと、小栗旬が演じる稲見という男は、心にかなり深い傷を負っています。

それで、「死んでもいいや」的なノリで無茶なことをするのですが、それがアクションエンターテイメントとしてのこのドラマの魅力になっています。

そして、稲見はある女性(だいたいどなたかは想像できると思いますが)と出会うことで、彼の心の中で変化が起こってきます。

公安の中でもはみ出し者で、総務課長からはいつも危険人物視されている特捜班の5人ですが、そういう彼らが、いわゆる公安の中でも汚れ仕事をさせられているわけです。

現職の外務大臣のバカ息子が首に爆弾を巻きつけられているわけです。

そのバカ息子は婦女暴行などやりたい放題なわけですが大臣の威光でみんなもみ消されてしまっています。

犯人はそのバカ息子に陵辱されて自殺した娘の父親。

稲見は「おれがあなたと違うところは、俺ならとっくにその爆破ボタンを押している」と犯人に言うところなどは、特捜班の5人は犯人に同情的なところがよく出ていますよね。

それでも、犯人の気をひきながら爆弾の起爆装置を解除してことなきを得ます。

テレビニュースではその事件は「大学生たちのいたずら」として報道されていました。

それにやりきれなさを覚える5人の特捜班。

彼らは、ただこのような汚れ仕事を黙々と続けていくだけなのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る