真田丸に信繁の正室役で松岡茉優が登場

真田丸 松岡茉優

鶴松が死に、秀吉が秀次に関白を譲り、肥前名護屋城を作って朝鮮へ出兵し、信繁の祖母のとりが死に、秀頼が生まれるなど、豊臣家の滅亡に向けて、話が進んでいくNHK大河ドラマ「真田丸」ですが、7月2日放送分から松岡茉優さんが登場しました。

松岡茉優さんの役は、なんと堺雅人さんが演じる主役の真田信繁(幸村)の正室 春。

初恋の相手で上田合戦でなくなった梅(黒木華)のあと、晴れて幼馴染で信繁を慕うきり(長澤まさみ)の想いがかなうか、と思われたのですが、思わぬ恋敵登場!

当のきりは、関白になった秀次に側室にと望まれますが、返事を引き延ばしています。

一方、春は豊臣家の重臣 大谷吉継(片岡愛之助)の娘で、可愛く奔放な役柄のようですね。

そういえば、信繁の兄の信幸(大泉洋)の正室 稲(吉田羊)は父親譲りの男勝りで、春とは対照的な性格に設定されていますよね。

真田信繁の正室ですから、松岡茉優さんはこれから真田丸の最終回まで出演されるということですね。

九度山に蟄居し、大阪の陣で華々しく散っていく信繁を支えていく重要な役まわりです。

信繁の嫡男も産むことになるはずですよね。

それにしても松岡茉優さんはNHKに好かれています。

最初に世間に注目されたのが、NHK朝ドラ「あまちゃん」の「地下」アイドルGMTのリーダーでセンター 入間しおり役でしたね。

彼女自身は自分がアイドルになるなんて考えてもいなかったようですが、GMTのセンター役がはまっていました。

のちに彼女が大好きなモーニング娘’16のイベントで、モーニング娘のセンターとしてイベントで1曲参加しています。

ちなみに、松岡茉優の高校の同級生にはももいろクローバーZの百田夏菜子やシンガーソングライターの家入レオがいて、テレビのトーク番組で3人で共演もしています。

それから、現在放映中の水族館ガールでは、本社から水族館へ出向させられて、イルカの飼育員として奮闘するOLを熱演しています。

また、民放でも綾野剛が産婦人科医を演じるコウノドリでは、新米の産婦人科医を好演していました。

他にも問題のあるレストランでは対人恐怖症でいつもフード付きパーカーを着ているパーカーちゃんことシェフの雨木千佳を演じていますし、フジテレビ系のSheでは主役を演じていました。

このドラマは、松岡茉優さんが演じる西澤涼子が、学年一の美女で、親友の荻原あづさの失踪の真相を解き明かすために、ビデオカメラを回しながら他の生徒に聞き取りを行うという、実験的なドラマでしたよね。

さて、真田丸ですが、出演が決まったときに松岡さんは、「大河への出演は目標でした。三谷幸喜さんとご一緒するのは野望でした」とコメントしていて、野望がかなった今、どんな演技をしてくれるのか、非常に楽しみですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る