陸王 人物相関図

 
陸王

陸王人物相関図

陸王人物相関図


半沢直樹で有名な池井戸潤の新しいドラマが始まりました!

陸王は2017年秋クールのTBS日曜劇場枠で放映されている連続ドラマで、主演は役所広司。

今回の舞台は業績不振の足袋の製造業者「こはぜ屋」で、役所広司は4代目社長の宮沢紘一を演じています。

息子の大地(山崎賢人)は就職活動中ですが、時々、こはぜ屋でアルバイトしています。

宮沢は埼玉中央銀行行田支店の融資担当の坂本(風間俊介)から、こはぜ屋の将来を考えると足袋だけではダメで新規事業を始めないといけないと言われます。

そこで、宮沢は足袋のフィット感を応用した練習用のランニングシューズの開発を始めます。

開発にはスポーツショップ経営者の有村(光石研)や元陸上部の江幡(天野義久)などの助言を得て、こはぜ屋の縫製課リーダーの正岡あけみ(阿川佐和子)や縫製課の女子職員らの協力で試作品を作っていきます。

宮沢は箱根駅伝を走ったことのある有名選手 茂木裕人(竹内涼真)の故障を見て、こはぜ屋の試作品を茂木に届けようとしますが、うまくいきません。

その茂木にシューズを提供しているのがアトランティスで、シューフィッターの村野(市川右團次)が茂木の担当でした。

宮沢は学校にこはぜ屋の試作品を納入しようとしますが、ブランド力のあるアトランティスに完敗します。

経理担当専務の富島(志賀廣太郎)は経営悪化を心配して宮沢にランニングシューズ開発の中止を進言しますし、埼玉中央銀行行田支店の家長支店長(桂雀々)や坂本の上司の大橋(馬場徹)はランニングシューズ開発ではなくて、人員整理によって経営安定を図るように迫ります。

ついに、坂本は支店長らの意向により他の支店へ左遷されることに!

それでも開発を続けたい宮沢は、坂本から以前に紹介された特殊素材のシルクレイをソールの素材にすることを目指して特許を持つ飯山晴之(寺尾聰)に接触するのですが….

見所いっぱいの池井戸ドラマですし、テーマもランニングシューズの開発ということで、銀行ものよりもとっつきやすいかもしれませんね。

ドラマの中で竹内涼真が履いているランニングシューズを50名限定で販売するなど話題性も満点ですね。

そのほかのおもな出演者としては、ベテラン縫製課員を演じている正司照枝、宮沢の妻 美枝子に壇ふみ、娘の茜に上白石萌音、飯山の妻 素子にキムラ緑子、茂木の同僚の陸上部員に和田正人、陸上部監督に音尾琢真、茂木のライバル 手塚直之に佐野岳、アトランティスの営業部長にピエール瀧、営業担当に小薮千豊など、NHKかと思うほどの、すごいキャスティングになっています。

そうそう、陸王とは、こはぜ屋が開発しているランニングシューズの商品名です。

陸王の開発がうまくいくように応援したくなる、そんなドラマに仕上がっています。

完成した陸王は販売されるのでしょうか?

 

関連記事

ピックアップ記事

シグナル

シグナル 人物相関図

ページ上部へ戻る