コウノドリ 2期 人物相関図

 
コウノドリ 2期
コウノドリ 2期 人物相関図

コウノドリ 2期 人物相関図

コウノドリも帰ってきました。

コウノドリがTBS系列で最初に放映されたのは2015年の秋クールで、今回2017年の秋クールが第2期になります。

今回の第1話では綾野剛が演じる産婦人科医の鴻鳥サクラが離島にいて、離島の医師でかつての恩師の荻島(佐々木蔵之介)と手術したりしているので、最初アレ?ってなりましたが、一時的に助っ人に行っていただけのようでした。

周産期センターの面々は第1期と同じで、成長した産婦人科医の下屋加江(松岡茉優)、助産婦の小松留美子(吉田羊)、鴻鳥の同期の産婦人科医の四宮春樹(星野源)、新生児科医でセンター長の今橋貴之(大森南朋)、下屋の同期の新生児科医の白川領(坂口健太郎)が主要メンバーでしょうか。

第1話の周産期センターの患者さんは夫婦ともに耳が聞こえない早見マナ(志田未来)と、あかちゃんの心室に小さな穴があいている佐野彩加(高橋メアリージュン)の二人です。

夫の仕事が忙しくて育児休暇を取ってもらえそうもない彩加は心臓に病気のある子を育てられるか不安でしたが、四宮たちが彼女の心に寄り添って、無事に出産できました。

耳の聞こえないマナの出産はさらに大変で、「いきって!」などの紙のボードを用意して、鴻鳥や下屋、小松など、みんなで出産に立会います。

この紙のボードを持っていたのが、研究医初日の赤西(宮沢氷魚)でしたね。

来た早々大活躍でしたが、彼は赤西産婦人科医院の息子で、のちに四宮から「ジュニア」と呼ばれます。

下屋は彼の指導係に任命されました。

結局、マナの出産は吸引分娩になり、紙のボードなどの助けを借りて、タイミングを合わせて無事に出産することができましたね。

そのほかの出演者はメディカルソーシャルワーカーの向井祥子を江口のりこが、ペルソナ総合医療センターの大澤院長を浅野和之が演じています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る